このサイトでは、これから新しい家に住むことをお考えの方に欠かせない、重要なポイントをいくつかご紹介しています。
ここでは特に、家族で住むのに人気の間取りや動線の確保の方法など、実際の事例も交えながら詳しく見ていきたいと思います。
夫婦二人だけなのか、子供や高齢者がいるのかによって必要な部屋の数も違うし、また部屋や洗面所、トイレなどの配置も違ってきますよね。
その家に住むみんなが満足してゆったりと過ごせるお家にするために、ぜひ参考にしてみてください。

家族で住むのに人気の間取り

家族で住むのに人気の間取り 家族で住む人気の間取りとひと言でいっても家族の人数によっては大きく変わってきますが、ここでは3人または4人家族についてお話していきたいと思います。
夫婦2人に子供が1人または2人、という構成であればやはり3LDKが最適です。
子供が小さいうちはこの間取りでは持て余してしまいそうですが、将来的には子供の部屋と両親の寝室、書斎などとしてそれぞれの部屋を確保することができます。
またリビングの横に1部屋あると、子供が小さいうちは部屋の扉を開けっぱなしにしておくことによって、リビングをより広く見せることも可能です。
それに子供が成長したときにリビングに隣接している部屋を子ども部屋にしておくと、子供が部屋に出入りするときに必ずリビングを通ることになるので、両親が子供の様子をさりげなくチェックすることもできてとても安心です。

最近人気の高いキッチンの間取りは使いやすいか

最近人気の高いキッチンの間取りは使いやすいか 家を新しく建てたりリフォームしたりするとき、生活の中心でもあるキッチンをどんな間取りにするかは家での暮らしが快適なものになるかどうかに大きくかかわってくる問題です。
台所には様々な調理器具や食材など、多種多様なものがたくさん関わってきます。
さらにその家庭の生活スタイルや家族構成などによってもかかわり方は変わってくるので、どんな間取りが自分たちの暮らしに合っているかをよく見極めてみる必要があります。
こんなふうにできたらいいという理想を持っていたとしても、自分たちの暮らしのスタイルに合ったものでなければ結局は使いにくい場所になってしまいやすいものです。
逆に使いやすいものを選ぶことができれば、そこで料理を作ることが楽しく、作業もしやすいお気に入りの場所になることでしょう。
昨今特に人気が高いのが、リビングに面して作られている対面型のキッチンです。
料理をしながらリビングにいる家族の様子が眺められ、家族とのコミュニケーションをとりやすいところが魅力です。
また、アイランド型のように複数の人数で料理がしやすく開放感のあるタイプも人気です。
そのほかにも独立型など、それぞれに異なる魅力がありますが、自分たちの生活スタイルに合ったものを選ぶことがお気に入りのキッチンを手に入れる近道といえそうです。

間取りの参考サイト

間取りのプランをご紹介