間取りの事例の紹介

間取りの事例の紹介 引っ越しの際、立地や建物のグレードや広さをメインに考えがちですが、実際に生活する上でそれらに引けをとらず大事なことがあります。
それは間取りです。
同一の広さの物件であっても生活スタイルにより、向いてる間取り、向いていない間取りがあります。
仮に部屋数が同じだったとしてもです。
さっそく3LDKので同じ広さの物件を想定した際の事例をご紹介しましょう。
例えば、廊下が短くそれぞれのベッドルームがリビングとつながっている場合。
廊下が短い分、物件絶対の有効スペースが広く確保できます。
そして各ベッドルームがリビングがつながっている為、家族同士が顔を合わせる機会が増えるので、家族と親密なコミュニケーションを求める方に向いています。
対称にベッドルームがリビングと離れていて、その構造を作るのに伴って廊下が長い場合。
この場合は先程とは逆で、廊下にある程度有効スペースが取られてしまうというデメリットがあるものの、静かに自室で過ごしたい方、集中して書斎で仕事したい方などに非常に向いています。
このようにメリット・デメリットがそれぞれの間取りにはあるのでよく考慮しましょう。

住宅の新築をする時の間取りは収納を重視するのがポイント

住宅の新築をする時の間取りは収納を重視するのがポイント 住宅を新築するときの間取りは、収納が住む人数に対して十分なのかということがポイントとなります。
思った以上に荷物は増えますし、家族の人数が変化すれば更に必要になります。
最近は、タンスなどの収納を使わなくなりつつありますので、必要なクローゼットの容量は、新居で使う服や道具などの量に応じて決めるのが良いでしょう。
あまり多すぎても良くないと思われがちですが、余裕を持って作っておくと来客用のアイテムをしまってくことができるなど何かと便利です。
間取りは、家族のライフスタイルに応じて必要なものが変化しますので、いつの状態に合わせて作るのかもあらかじめ検討しておきましょう。
住宅を建築するライフステージによっても異なりますが、あまり荷物が多くないという家族でも玄関にスペースがあると家の中に汚れを持ち込まないで済むのでお勧めの方法です。
コートや汚れものなどをしまえるスペースが玄関のわきにあると、部屋も整然と保てます。